借地権の種類を調べよう

粘土の家

普通借地権

平成4年以降に契約が成立した借地権は、建物が建っていてもいなくても30年間はその土地を借りることができるという契約をすることができます。しかし、古いタイプの借地権はこういった規定がないため、借地権者が有利になってしまうことがあり地主とのトラブルが頻発してしまうというケースが多かったと報告されています。

一般定期借地権

借地権の有効期限が50年と決まっているため、普通借地権よりも契約期間が長いと言われています。しかし、定期借地権は更新することができないため契約期間が過ぎたときは、借りていた土地を元の状態にして返さなければいけません。

建物譲渡特約付借地権

借地権の契約をして30年が過ぎたときは、地主が建物を買い取るという契約を最初に交わし契約する方法のことを建物譲渡特約付借地権と言います。地主に建物を渡した時点で契約が消滅します。こういった種類の借地権を多く利用しているのがマンションなど賃貸物件を建てるための土地と言われています。

事業用定期借地権

事業などで使う事を目的としている建物を建設するときに使われる借地権の種類です。この借地権を利用すると、10年以上50年未満というふうに期間を定めて契約することができます。しかし、この借地権を利用するときは公正証書を使って契約をするという決まりがあります。

課税対象になる物

上記で紹介したように、様々な種類の借地権が存在しますが借地権のほとんどが贈与税や相続税の対象になると言われているため、贈与や相続をするときは事前に確認しておきましょう。