借地権について学ぼう

女の人

借地権とは

借地権とは、自分が所有している土地ではなく他の人の土地を借りて建物を建てるときに地主と契約する方法として使います。そのため、契約期間中は地主に地代を支払い続けるという義務が発生します。

借地権の期間

借地権の種類によって、存続期間が異なります。借地権は基本的に法律で守られていますが、存続期間を過ぎてしまった場合は効果が無くなってしまうため注意しましょう。どういった目的で借地権を利用するのかで、種類を選んだ方が安心です。

法改正で異なる内容

借地権は、平成4年に改正されたため古い物と新しい物では適用される内容が異なってしまいます。そのため、今から契約しようとしている人は新しい借地権について調べておきましょう。

借地権は相続することができます

借地権を持っている人は亡くなってしまった場合、借地権を地主に返さなくてはいけないと思う人は少なくありません。しかし、借地権も遺産と同様に相続することができます。遺産贈与を行わない限り地主に許可を取る必要はありませんし、新しく契約をし直す必要もないと言われています。しかし、場合によっては更新料や承諾料が発生してしまう可能性もあるため事前に確認しておきましょう。

基本的に地主の許可が必要

借地権を売却するときや、遺産贈与するときは契約主である地主から許可を得なければいけません。契約を結んだからといって、勝手に売却や贈与をすることはできないため注意しましょう。贈与する場合は、譲渡承諾料などが発生します。

土地を借りるとき

第三者から土地を借りて、建物を建てようと考えている人は借地権について事前に調べておきましょう。知識を身につけておくことで、トラブルを回避することができます。